フィリピン国鉄(PNR)元 JR東日本203系

Tweet

2015年に新塗装に変更されてイメージを一新。

JR東日本203系は常磐緩行線(地下鉄千代田線直通)向けに、1982年〜1986年に17編成170両が製造された車両である。川崎重工、日本車両、東急車輛、近畿車輛で製造された。車両寸法は長さ20,000mm×幅2,800mm×高さ4,086mm。加速度は3.3km/h/sで、最高速度は110km/h。車体はアルミ合金製。

後継のE233系2000番台の導入に伴い、2010年より置き換えが開始され、2011年9月26日をもって全編成が引退した。このうち、マト53編成・マト54編成・マト55編成・マト67編成の4編成40両がフィリピン国鉄に、マト51編成・マト52編成・マト66編成・マト68編成・マト69編成の5編成50両がインドネシアのKRL JABODETABEKに無償譲渡された(その他の8編成80両は個人売却のクハ203-103を除いて解体処分)。

フィリピン国鉄は全区間非電化のため、客車として4両編成〜5両編成で使用されている(当初は全編成4両編成(第1編成のデビュー直後のみ5両編成)だったが、2014年に大半の編成を5両編成に増強)。編成内の1両には、客室半分を仕切って発電機(200kVA)を搭載し、車内の照明および冷房装置・ドアエンジン等への給電が行われている。また、投石対策としてすべての窓に金網が設置された。一部の車両のドアの窓は鉄板によって塞がれている。ラインカラーはDMR1にあわせてオレンジに変更。また、機関車との連結を考慮して、編成の両端の連結器は密着連結器から12系客車の密着自動連結器(両側に鎖付き)に交換されている。なお、客車として使用されるため、モーターや制御装置、パンタグラフ等は本来不要であるが、存置されている。2015年には塗装が変更され、車体が紺色に塗装された(ドア部分のみ帯部を除いて無塗装)。

編成はJR東日本で運行されていた時のものから変更されており、随時組み替えて使用している(0番台・100番台も一部混結している)。但し、ドア開閉操作等の都合上、編成のいずれか片側には先頭車が連結される。

2012年7月より営業運転を開始した。マニラ近郊のMetro South Commuter(MSC)での運用に就いている。DMR1を凌ぎ、現在フィリピン国鉄(PNR)の営業車両で最多両数形式となっている。2013年よりMetro South Commuterの過半数の列車が203系による運用となった。2016年には第3編成がBicol地方(Naga基地)へ転属した。

関連ページ:「KRL JABODETABEK−元 JR東日本203系」「【鉄道模型】フィリピン国鉄(PNR)−元 JR東日本203系」

編成 ←Alabang Tutuban→ 備考
A B C D E
EMU 01 クハ203-107 ? ? ? ? 休車
EMU 02 クハ202-4 モハ202-10 モハ203-10 サハ203-9B モハ202-8 (修理中)
EMU 03 クハ203-5 ? ? ? --- Naga基地配置
EMU 04 クハ203-4 モハ203-11 モハ203-7 サハ203-6 モハ203-12
EMU 05 クハ203-3 モハ203-7A モハ202-11 モハ203-114 モハ203-14
EMU 06 クハ202-3 モハ202-9 モハ203-9A モハ203-5 モハ202-12 (修理中)
EMU 07 クハ202-107 編成解除
EMU 08 クハ202-5 モハ202-15 モハ203-10 モハ202-9 サハ203-7
※2017年10月時点

編成 ←Alabang Tutuban→ 備考
A B C D E
EMU 01 クハ203-107 モハ203-11 モハ203-7 サハ203-6 モハ203-12
EMU 02 クハ202-4 モハ202-10 モハ203-10 サハ203-9 モハ202-8
EMU 03 クハ203-5 ? ? ? --- Naga基地配置
EMU 04 クハ203-4 モハ203-7A モハ202-11 モハ203-14 ---
EMU 05 クハ203-3 編成解除
EMU 06 クハ202-3 モハ202-15 モハ203-15 サハ203-7 モハ202-121
EMU 07 クハ202-107 編成解除
EMU 08 クハ202-5 モハ202-9 モハ203-9 モハ203-5 モハ202-12
※2016年3月時点

編成 ←Alabang Tutuban→
A B C D
EMU 01 クハ203-107 モハ203-11 モハ202-7 サハ203-9
EMU 02 クハ202-4 モハ202-11 モハ203-7 モハ202-12
EMU 03 クハ203-5 モハ203-9A モハ202-9 サハ203-10
EMU 04 クハ203-4 モハ203-13 モハ202-10 モハ203-14
EMU 05 クハ203-3 モハ203-121 モハ202-120 サハ203-12
EMU 06 クハ202-3 モハ202-15 モハ203-15 サハ203-7
※2013年10月時点


「フィリピン国鉄(PNR)−日本からの譲渡車両」に戻る

Tweet