フィリピン国鉄(PNR)日本からの譲渡車両

Tweet

フィリピン国鉄では2001年より、日本で廃車となった客車・気動車の購入を断続的に行っており、フィリピン国鉄の全区間で運行している。譲渡車両の出身はJR東日本が多いが、その他にJR九州及び関東鉄道の車両も活躍する。

フィリピン国鉄の軌間は日本の在来線でも主流の1,067mm(狭軌)で、台車を改造することなくそのまま走らせることが出来る。一方、フィリピンでは車両への投石が多いため、その対策としてすべての窓に金網を設置する改造が行われている。

JR東日本・JR九州
12系客車
JR東日本
14系客車
JR東日本
キハ52形
JR東日本
キハ59系「こがね」
JR東日本
203系
関東鉄道
キハ350形

「フィリピン国鉄(PNR)」トップに戻る

「フィリピンの地下鉄・都市鉄道」トップに戻る

Tweet