中国鉄道博物館


中国鉄道博物館は北京の郊外に2002年11月2日にオープンした、中国最大規模の鉄道博物館である。敷地面積は157,334u、建物面積は20,500uを誇る。展示庫内には8本のレールが敷かれ、約60両の鉄道車両が保管されている。展示車両数はアジア諸国の鉄道博物館の中では最多で、将来的には展示車両を約100両に増やす計画もある。
当博物館は鉄道車両開発・試験用の環状試験線(環行鉄道)に隣接した場所にある。アクセスは北京駅東のバスターミナルから403番のバスに乗り、終点の「環行鉄道」停留所から600mの場所にある。最寄駅は北京地下鉄13号線の望京西駅だが、徒歩圏ではない。
ここでは、展示車両の一部を紹介する。

入場料:20元
開館時間:9:00〜16:00
定休日:月曜日


中国鉄道博物館公式サイト:http://www.zhtb.cn/

博物館概要
蒸気機関車
ディーゼル機関車
電気機関車
客車
その他展示物

中国鉄道博物館の入場券
大人用(表/裏)

大人20元。
中国鉄道博物館の入場券
割引対象者用(表/裏)

大学生・中学生・小学生、鉄道関係の従業員は身分証があれば半額、離職休養者と70歳以上は入場料無料となる。

中国の鉄道トピックスへ戻る