タイ国鉄13・14列車ブルートレイン車両運行終了

Tweet

チェンマイ発バンコク行き14列車に連結された元JR西日本の14系・24系客車。2016年11月11日で定期運用終了。

タイ国鉄では長らく元JR西日本の14系・24系寝台車(「ブルートレイン」車両)がバンコク〜チェンマイ間を結ぶSpecial Express13列車と14列車にて定期運用されていたが、2016年11月11日のチェンマイ発バンコク行きの14列車を以て営業運転を終了した。

これは2016年11月11日より9列車・10列車(2016年11月10日までは1列車・2列車として運行)に中国中車の長春軌道客車製の新型車両が投入され、その玉突きで1列車・2列車に従来使用されていた車両が13列車・14列車に転用されたためである。

定期運行を終了した元JR西日本の14系・24系寝台車の今後の処遇は未定である(2017年2月現在、廃車扱いにはなっていない)。

営業運転終了間際の2016年9月24日の13列車にてバンコクからチェンマイまで乗り納めをしてきた。その際の様子を紹介する。


「タイの鉄道トピックス」に戻る

Tweet