フィリピン国鉄(PNR)元 JR東日本キハ59系「こがね」

Tweet

キハ59系「こがね」は、JR東日本が1989年にキハ58形・キハ28形を改造して登場したジョイフルトレインである。当初は「グラシア」としてデビューし、2003年に「こがね」に再改造された。デビュー時から引退時まで終始、小牛田運輸区に所属。車両寸法は長さ21,300mm×幅2,944mm×高さ3,925mm。最高速度は95km/h。車体は普通鋼製。

2010年12月26日に引退し、2011年にフィリピン国鉄に譲渡された。2011年7月19日〜21日にかけて小牛田から藤寄まで東北本線・磐越西線・信越本線・白新線経由で配給輸送され、2011年9月にキハ52形や203系マト67編成とともに新潟東港から輸出された。

フィリピン国鉄でもJR東日本時代の編成のまま活躍している。投石対策としてすべての窓に金網が設置され、金網設置が不可能であるドアの窓は鉄板によって塞がれた。

2011年11月25日にTutuban〜Naga間の不定期夜行列車として運用を開始した。その後、2012年3月16日よりTutuban〜Ligao間を結ぶ定期夜行列車「Mayon Limited De Luxe」として運行されるようになったが、同年7月10日に発生した自動車との衝突事故により一時運用を離脱。同年10月1日よりTutuban〜Naga間を結ぶ隔日運転の夜行列車「Isarog Limited Express」として運行を再開したが、同月にLutucan〜Lucena間で大雨による橋梁崩落で路線が休止となった影響で再度運休となった。車体塗装を一部変更して、2014年3月3日からはTutuban〜Mamatid間を結ぶ「Premiere Train」として運用され、平日に2往復が設定された。しかしこの列車も2014年末に廃止され、現在は定期運用はない。通常はTayuman基地に留置されている。

編成 ←Tutuban Legazpi→
KOGANE キハ59 510 キハ29 506 キハ59 511
※2016年1月現在

Tayuman基地に留置されている、キハ59系「こがね」。写真は塗装変更前の様子で、JR東日本時代の塗装のまま活躍していた。長らく運用を離脱し車体の傷みが目立っていたが、この後、塗装変更の上再整備して運用に復帰した(現在は再度運用離脱)。
投石対策ですべての窓に金網が設置され、非常に厳つい面持ちになった。金網設置が不可能であるドアの窓は鉄板によって塞がれている。写真の先頭車はキハ59 511。
キハ59 511の反対側側面。
2014年3月からの「Premiere Train」(プレミアトレイン)運用開始に備えて、金色塗装部分を紺色に改めた上で車体修繕が行われた。写真はキハ59 510。

Tayuman基地にて
キハ59 511側。
キハ29 506の側面に追加された「PREMIERE TRAIN」のロゴ。

「フィリピン国鉄(PNR)−日本からの譲渡車両」に戻る

Tweet