「時差Bizトレイン」運行(2018年夏)

Tweet

東京メトロでは東京都が推進する快適通勤ムーブメント「時差Biz」の実施(実施期間:2018年7月9日(月)〜8月10日(金))に合わせて、昨年度に続いて7月9日(月)〜13日(金)、及び7月17日(火)〜20日(金)の9日間の早朝に臨時列車を運行。今回は前回の東西線・半蔵門線に加えて、日比谷線・副都心線でも運行されることとなった。

このうち、東西線では臨時列車「時差Bizトレイン」として、以下の2本の列車(2運用)を増発した。

・妙典6:25発→高田馬場7:04着(各停)
・中野7:21発→妙典8:08着(各停)

両者とも「85S」運用として、1本の列車で運行された(高田馬場→中野は回送)。定期運用では「85S」は妙典8:22発の各停中野行きが最初の運行列車であり、定期運用の前に臨時運行を追加した形となった。車両は運行期間のすべての日において15000系を使用。

なお、2018年7月現在、「高田馬場」行きは定期運用では存在しない。

深川検車区行徳分室から出庫する「時差Bizトレイン」。運行初日の2018年7月9日は15000系63Fを使用。

妙典にて
前面非常扉に「時差Bizトレイン」のヘッドマーク(印刷物)を貼付中。
ヘッドマーク取付が完了し、妙典駅入線待機中。15000系66Fと離合。
妙典駅に入線する、「時差Bizトレイン」各駅停車 高田馬場行き。
妙典駅に停車中の「時差Bizトレイン」。
「時差Bizトレイン」のヘッドマークと、「各駅停車 高田馬場」行きの表示。定期列車では存在しない行先のため、非常に珍しい。
側面の「各駅停車 高田馬場」行き表示。
車内LCDの「各駅停車 高田馬場」行き表示。車内LCD・車内自動放送ともに、各駅停車 高田馬場行きの案内に対応している。
妙典駅3番線の列車案内表示器における「当駅発高田馬場」表示。
妙典駅のホーム時刻表に掲げられた、臨時列車(時差Bizトレイン)運行及び一部定期列車の運転時刻変更のお知らせ。
南砂町駅2番線の列車案内表示器(2018年7月現在、旧型の表示器を使用)における「高田馬場」表示。
木場駅2番線の列車案内表示器における「高田馬場」表示。いずれの駅でも時刻表示には対応せず、「先発」「次発」表示となっていた。一方、駅の自動放送は「高田馬場行き」放送に全駅対応していた。
「時差Bizトレイン」車内LCDにおける「つぎは終点 高田馬場」表示。定期列車では見られない表示である。
終点の高田馬場駅に到着。
降車終了後、回送列車として中野駅へ向かい、折り返し各駅停車 妙典行きの「時差Bizトレイン」となる。
高田馬場駅のホーム時刻表に掲げられた、臨時列車(時差Bizトレイン)運行及び一部定期列車の運転時刻変更のお知らせ。
飯田橋駅に入線する、「時差Bizトレイン」各駅停車 妙典行き。
「各駅停車 妙典」行き表示。この行先自体は平日朝ラッシュ時、及び毎日終電間際に運転されている。
車内LCDの「各駅停車 妙典」行き表示。
駅に掲げられた、時差Biz期間中の日比谷線・東西線・半蔵門線・副都心線での臨時列車運行のお知らせ。

九段下にて
「時差Biz」のポスター。

妙典にて
半蔵門線でも同期間に中央林間6:01発→押上7:15着の「時差Bizライナー」、及び押上7:21発→長津田8:32着の準急を運行。車両は東急5000系を使用し、5116Fにはヘッドマーク取付・側面ラッピング装飾が施された。

九段下にて
2018年7月9日〜13日及び17日〜20日運行の東京メトロ東西線「時差Bizトレイン」妙典6:25発の各駅停車高田馬場行き。高田馬場行きは定期列車では存在しない。始発駅の妙典駅発車時点では車内に余裕がある。

Full HD Video
「時差Bizトレイン」各駅停車高田馬場行きの2駅間の車窓。駅の自動放送や車内のLCDは、定期列車では存在しない「高田馬場行き」の放送・表示に対応している。

Full HD Video
「時差Bizトレイン」各駅停車高田馬場行きの1駅間の車内の様子。車内自動放送も稼働しており、「高田馬場行き」の自動放送は定期列車では聴くことができない貴重なものである。

Full HD Video
「時差Bizトレイン」各駅停車高田馬場行きの1駅間の車内の様子(途中区間一部カット)。高田馬場行きは定期列車では存在せず、高田馬場終点の自動放送や車内LCDの高田馬場終点表示は非常に珍しい。

Full HD Video

「東西線NEWS」に戻る


Tweet