Tweet

一直線に続くマニラLRT1号線の高架軌道。

フィリピンでは現在、マニラ首都圏で地下鉄・都市鉄道が運行されている。マニラでは東南アジアで最初に、高架・旅客専用線による都市鉄道の運行を開始した(1985年〜)。フィリピン国鉄(PNR)もマニラ近郊で2009年より駅の増設や軌道の改良、車両の更新、列車の増発によるコミューターサービスが行われており、都市鉄道ネットワークの一翼を担っている。

また、フィリピン国鉄では日本からの譲渡車両をマニラ近郊やBicol(ビコール)地方で運行している。日本からの譲渡車両についても本コンテンツで併せて紹介する。


「アジアの地下鉄・都市鉄道」トップに戻る

Tweet