Tweet

クアラルンプールの中心部を行く、RapidKLアンパン線の列車。

マレーシアでは現在、首都のクアラルンプールで地下鉄・都市鉄道が運行されている。東南アジアではインドネシア・フィリピン・シンガポールに次いで、1994年より都市鉄道の運行を開始したが、現在路線の規模は300kmを越え、総延長は東南アジアで第一位を誇っている。


「アジアの地下鉄・都市鉄道」トップに戻る


Tweet