南山オルミ

南山オルミ(ナムサンオルミ)は、3号トンネル竣工塔広場(サモトノルジュンゴンタプグァンジャン)〜ケーブルカー停留所(ケイブルカージョンリュジャン)間2駅75mを結ぶ傾斜エレベータである。2009年6月30日に開業した。運賃は無料。南山ケーブルカーへのアクセス改善のため設置された。

傾斜角は25度、上下駅間の標高差は31m。かごの寸法は長さ2,200mm×幅1,900mm。定員は20名。運行速度は3.6km/h。韓国初の屋外設置の傾斜エレベータである。3号トンネル竣工塔広場が1階、ケーブルカー停留所が2階扱いとなっている。所要時間は2分弱。なお、「オルミ」は韓国語のオルダ(上る)を語源とした造語である。

(配線図:管理人制作)

南山オルミの外観。韓国初の屋外型傾斜エレベータで、運行距離は75m。
3号トンネル竣工塔と南山オルミ。
南山オルミの傾斜エレベータのかご外観。屋根を含めてガラス張りとなっている。定員は20名。
かごの内部。小型冷房が設置されているほか、夏のかご内気温上昇対策として扇風機が後付で設置されている。
天井には防犯カメラを設置。
天井(屋根)のガラスは、遮光フィルムが取り付けられている。また、天井にはLEDの照明が設置されている。
エレベータのガイドレールの様子。右側には保守用兼緊急時避難用の階段が併設されている。
3号トンネル竣工塔広場駅の乗降場の様子。ガラス張り。
上から見た3号トンネル竣工塔広場と、発車したエレベータ。
ケーブルカー停留所駅の乗り場。
操作盤。一般的なエレベーターのものと遜色ない。
南山ケーブルカーの山麓側の乗り場と、南山オルミのケーブルカー停留所駅(写真左奥の屋根が見える部分)。
明洞側からの3号トンネル竣工塔への道。
南山オルミの建設中の頃の様子(2009年5月撮影)。

「韓国の鉄道トピックス」へ戻る