上海外灘観光隧道

上海の「外灘観光隧道」は外灘(浦西地区)と浦東地区を結ぶ、全長646.7mの黄浦江の海底トンネルである。2000年9月に営業を開始した。無人運転の車両に乗車し、所要時間は約4分。トンネルの中にはイルミネーションが設置されている。車両はフランス製。運賃は片道40元、往復50元。運行時間は5月から10月までが8:00〜22:30(金・土・日は23:00まで)、11月から4月までが8:00〜22:00(金・土・日は22:30まで)。

外灘(浦西地区)側の外灘観光隧道の入口。
浦東地区側の入口。
浦東地区側の切符売り場。地下2階に位置する。
外灘側の改札口。
ホームへ続くエスカレーター(外灘側)。
ホーム。地下20m程の位置にある。
ホームは相対式で、乗車・降車が分離されている。
車両。全自動運転でシステム・車両ともにフランス製。車両自体に動力はなく、トンネル部はワイヤー、駅付近はチェーンで牽引される。
車内の様子。折り畳み式座席が車端部に3席設置されている。
発車すると自動的に車内灯が消える。その先に見えるのはターンテーブルで回転している車両。
浦東地区→外灘地区の前面展望。トンネルの壁にはイルミネーションが設置されていて、点滅する。また、BGMも流れ中国語と英語による自動放送もある。車両の速度は約9km/h。
まるで遊園地のアトラクションのような派手な装飾。区間ごとに装飾のテーマがあり、自動放送(英語・中国語)で解説を聴くことが出来る。線路は複線。中央に牽引用のワイヤーが見える。
出発から約4分で対岸の駅に到着する。
黄浦江と、対岸の浦東地区。この川底を外灘観光隧道が通っている。

上海外灘観光隧道前面展望動画(一部)自動放送は英語・中国語の順に流れる。

上海外灘観光隧道乗車券
2008年1月までは大人片道35元だった。2008年1月に大人片道40元、往復50元に値上げされた。裏面は関連施設(中華性文化展・深海珍奇館)の広告。

中国の鉄道トピックスへ戻る