香港の地下鉄・都市鉄道

2005年8月に開通した香港鐵路迪士尼線(ディズニーランド・リゾート線)。

香港には地下鉄及び新界地区・中国本土への鉄道路線を運営する香港鐵路(MTR)の他、香港島の北側を走る2階建ての路面電車、ヴィクトリア・ピーク(維多利亞山)へのケーブルカーである「ピークトラム」の3社の鉄道路線が存在する。このうち香港鐵路は23m級の通勤型電車で運転される(軽鐵を除く)。1997年から「オクトパス(八達通)」とよばれるプリペイド式ICカード乗車券が世界に先駆けて導入され、このカードにより鉄道3社のほか市内のバスやフェリーなど香港のほとんどの交通機関で使用することが出来る(JR東日本のSUICA等と基本的な仕組みは同じ)。

ここでは運営会社別に香港の地下鉄・都市鉄道全路線を紹介する。


オクトパス(八達通)カード(表/裏)
香港の主要交通機関の他、コンビニエンスストア等でも利用することが出来る、世界初のプリペイド式ICカード乗車券。一部の交通機関では運賃が割引される。システムの開発はソニー。

「中国の地下鉄・都市鉄道」トップに戻る